<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村 【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう! オリジナル絵本のニコブック オリジナル絵本のニコブック ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ gooリサーチモニターに登録!

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.10.31 Monday  | - | - | 
0

    固定記事

              ☆固定記事☆ 
        ~女の子の誕生日に贈るギフト絵本~                  
        「あなたのお嬢さんが主人公」       
                        ニコブックから発売中
      名前(愛称)や、出産日時、身長、体重などを、主人公に合わせて製作してもらえます。
     最終ページには、自筆メッセージが書き込めます。

     ご両親から、娘さんに。
     おじいちゃん、おばあちゃんから、お孫さんに。
     友達から、赤ちゃんのママに。
     ご主人から、奥様に。
     いろんな贈り方が可能です。  

     詳しくは、ニコブックホームページへ。
     七色ぽけっとさんの
    ホームページも参考にして下さい。
    2011.10.31 Monday 23:35 | - | - | 
    0

      ハロウィンお話し会:『おばけパーティ』

      [ 紙芝居 ]

       
       今日はハロウィンですね。

       昨日が日曜日だったためか、昨日ハロウィンのイベントが開催されたところが多かったようですが…。  
       
       さて、今年は 「ハロウィンお話し会」 の中で、 『おばけパーティ』 の大型紙芝居を演じました。
       
       普通の紙芝居より大型なので、紙芝居用の舞台に入れて演じることはできませんが、24枚を手に持って演じるのも大変でテーブルの上に置いて演じました。

       ストーリーは絵本と同じですが、八木田宣子氏の脚本で絵本とは違う場面もあります。

       でも、カクテルを飲んだおばけたちが、カクテル色になったり、飲み物や食べ物の色に変わったりという場面は見ごたえ充分で、チーズの場面では大人たちも笑っていました。

       絵本が好きな人には絵本の魅力にはかなわないかもしれませんが、お話し会で演じるには、この紙芝居は原作の良さを損なっていない面でもお薦めです。

       最後に「絵本があるので(原作は絵本なので)読んでみて下さいね」と言って終わりました。

        ハロウィンでなくても、楽しめる絵本&紙芝居だと思います。


       

      2011.10.31 Monday 23:30 | comments(1) | trackbacks(0) | 
      0

        『いない いない ばぁ』

        [ 絵本 ]
        JUGEMテーマ:絵本紹介
         
         「いない いない ばぁ」 の絵本は何冊かありますが、今回は中川ひろたか作、村上康成絵のこの絵本を紹介します。

         犬やひよこのする 「いない いない ばぁ」 も可愛いですが、カニも可愛いし、いもむしの登場には思わず歓声が…。

         そしてなんといっても、お母さんが最高です。

         読み聞かせをしていると、ゼロ歳児でもじっと見てくれますし、一緒に聞いているママたちも、ニコニコしたり声を出して笑ったりしながら見てくれます。

         読み終わった後でママがお子さんに 「いないいないばぁ」 と、やっている姿は微笑ましいです。

         どんな時代になっても、こういった単純なふれあい遊びの魅力は変わらないんだなと、嬉しくなります。

         明るい色彩の優しい画とシンプルでわかりやすい文は、ゼロ歳児から幼児まで(大人も充分に)楽しめる魅力のある絵本です。

        2011.09.28 Wednesday 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) | 
        0

          安野光雅 絵本展

          [ 絵本 ]
           
           『ふしぎなえ』 などでおなじみの安野光雅氏の絵本展が、横浜そごうのそごう美術館で開催されています。  

           初めて 『ふしぎなえ』 の絵本を見た時、題名通りの不思議な世界にすっかり見入ってしまいました。

           「えぇっ〜、どうしてこうなるの???」

           ありえない事が、絵に描かれると、どこがおかしいのかわからないトリックアート。

           そもそも、立体を平らな紙に描こうとするから、立体的に見えるように工夫していることを、さらに捻ったら、こんな世界が描けるのでしょうか?

           不思議な世界の謎を解くのも楽しいかもしれません。

           でも、理屈抜きで不思議な世界を楽しみたい時にもお薦めの絵本です。

           子どもたちが幼稚園から小学校低学年くらいの頃、一緒に眺めていた絵本。
           是非、絵本展にも行ってみようと思っています。

           絵本展は10月10日までのようです。詳しいお知らせはコチラです。


          2011.09.22 Thursday 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) | 
          0

            ゆったり紙芝居:「ごろん」

            [ 紙芝居 ]
             
              ゆったりとした気分になりたい時に演じたくなる紙芝居に 『ごろん』 があります。  

             ねずみが、気持ち良さそうに、ごろんと、寝っ転がっています。 
             そこへ、うさぎやたぬきがやって来て、一緒にごろん。  

             次にやってきたへびは、にょろん?

             いえいえ、やっぱり、ごろん。

             シンプルな紙芝居ですが、動物たちが、あっちにごろん。こっちにもごろん。 

             
             絵も言葉も可愛くて微笑ましく、一緒に聞いているママたちも、にっこり。

             一緒にごろんと寝ころびながら、聞いてくれる子ども達の姿も可愛くて、演じ手も幸せになれる大好きな紙芝居です。



            2011.09.20 Tuesday 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) | 
            0
               | 1 / 64 PAGES | >>