<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村 【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう! オリジナル絵本のニコブック オリジナル絵本のニコブック ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ gooリサーチモニターに登録!

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.10.31 Monday  | - | - | 
0

    寒い時期の紙芝居:『てぶくろ』

    [ 紙芝居 ]
     寒い日に読みたくなるウクライナ民話『てぶくろ』

     おじいさんが森で落とした片方のてぶくろ。

     ねずみが見つけて中に入っていると、カエルやウサギなど、次々に動物たちがやって来て、中に入れてくれと頼みます。

     やってくる動物たちが次第に大きくなり、窮屈なてぶくろの中に、本当に入れるのかしらと、心配になるのですが、言葉のリズムが良く、違和感なく受け入れられる展開は昔話の持つ魅力でしょう。

     ラチョフの絵本が有名で、絵本の方を読む機会の方が多いのですが、今回は紙芝居版を選んでみました。

     絵が遠目でも見やすいので、大人(高齢者)でもわかりやすいのではと思ったからです。

     絵本のフレーズに慣れていると、多少の違和感はありますが、絵もシンプルで文章とうまく合っています。

     手袋の大きさ自体はあまり変わっているように見えないのに、動物たちが中に入っている描き方は凄いです。

     2つの作品を並べてじっくりと見比べたくなる、どちらも好きな作品です。

     読む相手や人数に応じて読み分けるのもいいかもしれません。



     
    2011.01.19 Wednesday 22:41 | comments(6) | trackbacks(0) | 
    0
      << うさぎの絵本:『ピーターラビットのおはなし』 | main | 冬にお薦めの紙芝居:『ゆきおんな』 >>

      スポンサーサイト

      [ - ]
      2011.10.31 Monday 22:41 | - | - | 
      0
        みちこサン (2011/01/20 10:12 PM)
        私は絵本のファンですが、紙芝居も良さそうですね。

        よく出来た絵本や紙芝居は、不思議な世界や、どう考えてもあり得ない事なのに、自然に普通にあるんだと思わせてくれます。

        そういう世界を受け入れる感受性がなくならないように、と願うばかりです。
        ナン (2011/01/21 9:56 PM)
        みちこサンへ
        こんばんは〜☆

        絵本も大好きなのですが、大人(高齢者)向けに、読み聞かせをする機会が出てから、紙芝居を演じる機会が増えました。

        絵本が好きな作品は最初は紙芝居に対して抵抗があったのですが、紙芝居としての良さを活かそうという想いで描かれた紙芝居は、絵本とは別の良さもあります。

        一対一でとか、少人数で聞き手の反応に合わせてページをめくることのできる絵本の良さと、遠目でも絵が見やすく、絵に動きをつけられる紙芝居の良さを聞き手に合わせて選ぶのも楽しみのひとつになっています。

        私もみちこサンのおっしゃるような世界を受け入れる感受性を失くさないように、これからも素敵な絵本や物語と出合っていきたいです。
        rose (2011/01/21 10:58 PM)
        初めまして。
        最近ブログを始めたroseと申します。

        『てぶくろ』、どちらも読みましたが
        個人的には絵本の方が好きです。

        文章が、絵本の方がキレイな感じがして・・・
        好みかもしれませんが。

        けれど、紙芝居自体は好きです。
        まついのりこさん系の紙芝居を好みます。
        参加型です。

        昔話とか、時々紙芝居でも読むのですが
        文章がいまいちなものが多くて
        なかなかこれというのに出会えません。

        紙芝居で、これはオススメ!!
        という昔話があったら紹介してもらいたいです。

        なかなか見つけ出せなくて
        絵本やおはなしが出ていると、どうしても
        そちらの方がいいことが多いんです。

        まだ読み足りないだけですかね?!
        ナン (2011/01/22 9:23 PM)
        roseさんへ
        こんばんは、はじめまして。
        ブログへの訪問とコメントをありがとうございました。

        さて、私も絵本と紙芝居と言われたら、絵本が好きです。
        特に自分の子どもに読む時は、読みながら反応を見ながら、ページをめくる楽しさは親子の大切な楽しい世界を共有できる時間と思います。

        紙芝居に興味を持ち始めたのは、仕事柄、高齢者の方々の前で読む機会があったからです。
        絵本も読んだりしますが、絵が細かいので、よく見えないと言われたり、絵本は子どもの読み物という意識があるからか、あまり興味を持ってもらえなかったりしたからです。

        昔話もお話しで読む方が断然いいことが多いことも事実です。
        紙芝居にするためには、枚数に合わせなくてはならないため、文章にもたつきを感じることも多いです。

        でも、絵本にも???の絵本も多いように、紙芝居にもいろいろとあり、探してみると良い作品があります。

        何よりも、紙芝居の魅力は絵が動かせることです。
        紙芝居の絵は向かって右から左に動くように描かれているため、紙をゆっくり抜くことで、絵に動きを出せますし、パッと抜けばパッと画面が変わります。
        「紙」の「芝居」だから読むとは言わず、演じると言いますし。

        どちらがいいというよりも、聴き手の年齢や人数、状況に合わせて選び、語り口や文章の美しさにこだわりすぎず、その世界を楽しめればいいかなと思っています。

        ただ、紙芝居の一番の難点は自分が演じている時に絵が見られないことで、自分で絵を見ながら選んでいるのと、実際に見るのとは違うだろうなと思うのですが…。

        私も選び方がよくわからなくて、よく失敗をしていましたが、最近はやっと好きな紙芝居の選び方が上手く?できるようになってきました。

        左側のカテゴリーの「紙芝居」をクリックしていただければ、以前紹介した紙芝居がありますので、お時間がある時にでも覗いてみて下さい。
        幼児向けは少ないですけれど。
        rose (2011/01/22 10:18 PM)
        ナンさん、紙芝居の話もしたいので
        こちらにもコメントさせていただきます。

        私も高齢者の方々に読んだりできないかな?と思いました。
        けれど、紙芝居とかを読むと、子ども扱いされていると
        思われてしまうかな??と思い、悩んでいました。

        ナンさんのブログ記事を読んでいると、そんなことはなさそうですね。
        紙芝居=子供が楽しむもの と思っている高齢者の方っていらっしゃいますか?

        プライドが傷ついたりする人がいると聞いて
        高齢者施設では難しいのかな・・・と思っていたところでした。

        あと絵本とかを普段読まない子達でも、紙芝居は好き!!という子達がいます。
        あのくいつきっぷりは嬉しいです〜〜
        いい絵本を選ぶのも大事だけれど、みんなで楽しめるものというと
        紙芝居っていいなって思います。

        おはなしをやっている方が、私がおはなしを語っているのを聞いて
        「演技している感じがして聞いていて疲れる。癖を直さないと」
        と言われました。

        そう、演じちゃうんですよね。おはなし会では紙芝居をよく担当していました。
        紙芝居は演じてもいいけれど、おはなしはそうはいかない。
        今線引きができなくて、絵本寄りになっています。
        絵本でもちょっと演じがちかな・・・オーバーすぎるほどじゃないのですが。

        >聴き手の年齢や人数、状況に合わせて選び、語り口や文章の美しさにこだわりすぎず、その世界を楽しめればいいかなと思っています。

        同感です!!

        一時期はいい絵本にこだわりすぎていたのですが
        それはこちらの押しつけっぽい感じがしました。

        「楽しかった」と思ってもらえたらそれで十分だと思う気持ちが出てきました。
        それもまだ最近なんですけれどね。

        紙芝居のカテゴリー、とても楽しいです♪
        知らない紙芝居がたくさんありました。
        今後も参考にさせてください。

        ちなみに、我が家には紙芝居の舞台もあります。
        紙芝居もよく読むものは時々買います。
        息子が演じたりする姿を見ていると
        演じることもとても楽しいのだなって思います。

        そこも紙芝居の魅力だと思います。
        絵本とはまたちょっと違う、お芝居をする楽しさといいましょうか・・・

        私も紙芝居をもっと見直していこうと思います。
        TPOに応じて・・・ですよね!
        ナン (2011/01/23 2:46 PM)
        roseさんへ
        再度のコメントありがとうございます。
        実は我が家にも、紙芝居の舞台があります(*^_^*)
        拍子木も…。
        とはいえ、家ではあまり使いませんが…。

        さて、高齢者の方が紙芝居を子どもが楽しむものと考えているとは思いません。
        昔、紙芝居屋さんが公園等に来るのを楽しみにしていたという方たちは、懐かしいと言ってくれます。

        私は以前勤めていた高齢者施設で、幼稚園児と高齢者の交流会があった時に、間に幼稚園児への楽しみとして紙芝居を演じました。
        子どもたちが帰ったあとで、高齢者の方から、「紙芝居がすごく懐かしかった。時々、やって欲しい」と言われたことがきっかけで、紙芝居をするようになりました。

        現在は職場は違いますが、月に一度、年齢制限をせずに大人向けのお話し会をしています。
        それに参加して下さる方は、90パーセントが高齢者です。

        幼児向けのものとは違う、ストーリー性のあるものを選ぶことが多いですが、笑い話もよく選びます。
        昔話の朗読と紙芝居が主ですが、一冊は絵本も読みます。

        以前の高齢者施設でもそうですし、今もそうですが、高齢者だからという特別な考えを持たず、自分より人生経験の長い大人と考えて接しています。
        紙芝居や絵本に限らず、誰でも好き嫌いや得意不得意はあるので、誰もが楽しんでくれるプログラムなんてないと思っています。
        聞きたいと思ってくれている人が参加してくれ、楽しんで下さればいいのかなと。

        私自身はroseさんのようにきちんと勉強したわけではなく、読み聞かせの本を読んだり、以前は絵本の講座を聞きに行ったりもしましたが、ほとんどは自分で子どもたちやお話し会のグループに所属しながら経験してきただけの自己流なので、癖や偏りも多いのかなと思っています。
        本当はきちんと勉強できたらいいのですけれど…。

        また、情報交換していきましょう。