<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村 【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう! オリジナル絵本のニコブック オリジナル絵本のニコブック ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ gooリサーチモニターに登録!

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.10.31 Monday  | - | - | 
0

    たんぽぽのように

    [ 絵本 ]

     平成233月11日に東北地方を中心として東日本に発生した地震により被害に遭われた皆様には、謹んでお見舞い申しあげますと共に一日も早い復旧を心よりお祈り申しあげます。

     
     元々、マイペース更新ではありましたが、震災の日以来、記事を書こうと思っても書けない日が続いていました。

     まずは、自身の簡単な報告から…。


     震災当日、私は仕事がお休みだったので、娘と静岡方面に出かけておりました。
     その帰りの電車の中で地震に遭いました。
     
     大きく揺れた電車に、娘は、一瞬、電車が脱線したと思ったそうです。

     電車は小田原駅に止まり、安全のために車内に留まるようにとの、アナウンスが入りました。
     電車の運転再開時間はまだ未定とのことでしたが、最初は「今日中に家に帰れるかなぁ〜?」くらいの気持ちでした。

     しかし、度重なる余震に「今日中には帰宅できないかもしれない」という不安が出てきて、自宅や家族に電話するもまったく通じず、メールで状況を説明。
     電車での待機時間が2時間が3時間になった時には電車内での夜明かしを覚悟し、駅構内にある売店で残っていたお弁当を買いました。
     電車待機時間が3時間半を過ぎた頃にやっと自宅と電話が繋がり、その日は帰れないかもしれない旨を伝えました。職場に方にも状況をメールしました。

     それから30分程経った頃、電車はその日は動かず、点検作業があるから全員電車から降りるようにとのアナウンスが入り、避難所の用意があるとの事。

     娘は携帯の充電が切れそうだと、充電器を買おうとしましたが、何軒店を廻ってもすべて売り切れ。
     また、パンやお弁当、おにぎりなどのすぐに食べられる物も売り切れでした。
     
     翌朝まで待機できる場所もなく、開放されている中学校に向かい、避難所初体験をしました。
     
     ただ、その時は東北地方での地震の被害のニュースは殆んどわからず、避難所に届く情報は、交通情報のみで、その時の最大の関心事は、いつ、どの電車の運転が再開され、いつになったら帰れるかという事でした。

     翌朝、5時半頃から駅で並び、8時15分頃やっと電車に乗ることができ、8時半近くなって電車は出発しました。
     電車は徐行運転で、時間は通常の倍以上の時間がかかりましたが、電車が動いた時はホッとしてやっと家に帰れる喜びでいっぱいでした。

     家に帰り着いたのは昼に近かったのですが、そこで初めてテレビを観て、地震の被害の実情を知り、あまりの被害の大きさに衝撃を受け、愕然としました。
     家に戻るまで、情報が入ってこなかっただけに、家に戻ればそれで解決みたいな安易な気持ちがあったのです。

     その日は午後から出勤し、昨日は停電で大変だったことなどを知りました。

     家に戻れば解決どころか、電車が動かなくてやきもきしていた時なんて、まだまだ序の口だったと思い知らされました。

     さて、こんな時期の読み聞かせに何を選ぼうかと迷ったあげく、選んだ絵本の一冊は『たんぽぽ』です。

     その生命力と来春に向けて力強く生きていく「たんぽぽ」に復興への願いと祈りを込めて読みました。
     
     
     被災地の一日も早い復興を心からお祈り致します。


     

    2011.03.26 Saturday 21:54 | comments(4) | trackbacks(0) | 
    0
      << ひな祭りにこんな絵本を:『えんぴつびな』 | main | 原発の恐怖 >>

      スポンサーサイト

      [ - ]
      2011.10.31 Monday 21:54 | - | - | 
      0
        berry-berry (2011/03/29 12:43 PM)
        ナンさん、こんにちは♪ (*¥'ー¥'*)♪

        特にメールも差し上げませんでしたが
        ナンさんが大変だったことは
        ポケたんから聞いておりました。
        こういう状況だったんですねー。
        ご無事で何よりです。
        あの日、次女も京都にいたようで
        ことの重大さをあとで知って、本当に驚いてました。
        先日、一週間ほど帰省した次女ですが
        いつも各駅停車で帰ってくるんですけど
        (それでも3時間くらいで帰ってこれます)
        途中、計画停電に遭い
        8時間もかかって帰ってきましたょ。
        東京に戻る際には、高速バスにしました。

        本当に一日も早い復興を祈りたいですね!!
        ナン (2011/03/30 8:36 PM)
        マダムberryさんへ

        こんばんは〜☆
        コメントありがとうございます。

        そちらは地震はいかがでしたか?

        私はその日は大変な目に遭ったつもりだったのですが、家に戻れた後で周りの人の話しを聞くと、電車が止まってしまい、家まで数時間かけて歩いた人や、やっとタクシーに乗れたものの、道路が混んでいて何時間もかかって家に帰った人や、会社や近所の知り合いの家に泊った人、駅で一晩過ごした人もいて、私は運が良かったんだと思いました。
        14日の月曜日になっても朝の電車に乗るのが大変で、駅の外にまで長い列ができていました。

        現在も毎日、計画停電の時間と実施状況を確認する日々が続いていますが、被災地の方々のことを思うと、恵まれていますよね。

        娘は来月の入学式が中止になり、残念そうでした。

        今回の震災の被害は想像を絶するもので、衝撃が強すぎましたよね。
        ただ、祈ることしかできませんが、一日も早い復旧を願っています。
        あんず (2011/04/01 5:59 PM)
        ナンさん、心配していました;;
        ご家族の方もご無事だったのですね。
        お声が聞けて安心しました。
        くれぐれもお身体に気をつけてお過ごし下さいね。

        私も祈ることしかできませんが
        被災地のみなさんが一日も早く落ち着いた生活が
        送れるようになるといいですね。
        ナン (2011/04/01 8:27 PM)
        あんずさんへ

        ご心配をお掛けして申し訳ありませんでした。
        お陰さまで元気にしております(^^)v

        ただ、震災後、世の中があまりに変わってしまったようで、パソコンを開く機会もすっかり減ってしまっていました。

        仕事柄、被災地で生活されている高齢者の方のことを思うと胸が痛みます。

        一日も早い復旧を祈ることしかできない私ですが、自分にも出来ることを見つけていきたいです。