<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村 【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう! オリジナル絵本のニコブック オリジナル絵本のニコブック ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ gooリサーチモニターに登録!

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.10.31 Monday  | - | - | 
0

    最高の人生の見つけ方

    [ 映画 ]

    評価:
    ワーナー・ホーム・ビデオ
    (2008-09-25)
      『P.S. アイラヴユー』を観た後でまっ先に思い出したのが、今年の春に観た映画『最高の人生の見つけ方』です。
     この映画は、余命半年を宣告された二人の初老の男性が主人公です。実業家で大富豪のエドワードと、若くして結婚し家族のために一生懸命に働いてきた自動車整備工員のカーターが同じ病室に入院したことから物語は展開していきます。
     カーターが紙に書いた「棺桶リスト」死ぬ前にやりたい事)をエドワードが見つけ、残りの人生でリストに載っていることを叶えようと、二人で病院を抜け出し旅に出るのです。余命わずかというテーマでありながら、暗い映画ではなく、悔いのない生き方をしようという勇気さえもらいました。
     実際、この映画を観た後で「夢のままで終わっていることを出来る事から実行していこう」と決心し、プリンス・エドワード島旅行の一番のきっかけとなったのです。
     『P.S. アイラヴユー』と比べると、主人公の年齢も高いことや、テーマは違いますが、もう一度観てみたくなりました。エドワードの秘書がこの映画の重要な影の主人公ともいえる存在でいい味を出しています。
    2008.10.23 Thursday 15:22 | comments(0) | trackbacks(0) | 
    0
      << 映画に行ってきました | main | 『とっときのとっかえっこ』 >>

      スポンサーサイト

      [ - ]
      2011.10.31 Monday 15:22 | - | - | 
      0